クレイ洗顔 おすすめ モンモリロナイトが入った洗顔料の選び方

クレイ洗顔 おすすめ モンモリロナイトが入った洗顔料の選び方

クレイ洗顔 おすすめ モンモリロナイトが入った洗顔料がなぜいいか?

人物画像

 

<最終記事更新2018.9.25>

 

人物画像

 

毛穴が目立ってしまう肌の人はたいていの場合、洗顔方法が間違っていたり、汚れを良く落とそうとしてゴシゴシとこすったり、気持をこめすぎるあまり肌に対して感情的に接したりしていることがあります。

 

このサイトでも繰り返して言っていますが、洗顔はぜったいに
「激しくやってはいけない」ものです。

 

つよくこすらないと、汚れが取れた気がしないし、実際によごれが落ちない。と思うこともあるかもしれません。

 

しかし、肌の細胞は粒子の荒いスクラブビーズや洗顔料を使ってこすっても、

 

毛穴の奥にたまったファンデーションの残りや酸化した皮脂、ニキビ菌、チリ、ほこり、ダニ、カビ、雑菌、粉塵、そして皮膚から剥がれ落ちた垢などを取り除くことはできません。

強く洗顔しても顔の毛穴のザラザラはとれません。

人物画像

 

人物画像

 

また、肌の毛穴のザラザラ、いつもきれいに洗っているはずなのになかなか取れず、気持悪いですよね。

 

毛穴がザラザラしているのは、固い角栓が毛穴の中に残り、それが表面から少しだけ頭を出しているから。 

 

角栓は柔らかい皮脂と思っている人もいますが、実はこれはたんぱく質が固まってしまったもの。とても固いものなので、それが毛穴の数だけ出ていれば、触るとザラザラした感触になるのです。 

 

洗顔や、角質ケアをやり過ぎると、肌が乾燥しすぎてしまい、肌のターンオーバーが早まります。すると皮膚の真皮がどんどん薄くなってしまい、

 

これが毛穴の中にある角質を外に出してしまうという本来望んでいたことと逆のことが起きてしまうのです。

毛穴ケア やりすぎもやらなさすぎもダメ モンモリロナイトの洗顔で解決

人物画像

 

人物画像

 

このように、毛穴ケアはやり過ぎても、やらなさ過ぎても問題ありです。 
やらなければ皮脂はたまり、黒ずみを招き、やり過ぎれば今度は肌を傷めるというとても難しいものなんです。 

 

洗顔の回数を減らすことでも対応は出来ますが、そもそも洗顔は毎日するもの。 
だとしたら洗顔の質を高めて行くしかありません。  

 

そこで超微粒子のクレイ洗顔、クレイウォッシュが有効なのです。

 

クレイとは、いわゆる天然の泥で、洗顔には長い年月を重ねて堆積してきたナチュラルクレイと言われるモノが使われます。
中でもモンモリロナイトというベントナイトと呼ばれる鉱物に含まれる超微粒子の粘土(クレイ)が安全性が高く食品や化粧品原料、医薬品にも広く使われています。

製品画像

ベントナイトを精製して純度を高めたクレイがモンモリロナイトです。

 

モンモリロナイトは、電子顕微鏡を使わなければ見ることが出来ないサイズの超微粒子の結晶体で、
細かさは50万分の1ミリ。その細かさがあるからこそ、毛穴に詰まった

 

ファンデーションの残りや酸化した皮脂、ニキビ菌、チリ、ほこり、ダニ、カビ、雑菌、粉塵、そして皮膚から剥がれ落ちた垢

 

などの肌の不要な汚れを吸着し、落とすことが出来るわけです。

 

製品画像

こんな感じのテクスチャーです。

 

洗顔しても、うるおいを保ち、汚れと余分な皮脂と古い角質を落とす。 
文字にするとシンプルですが、これはとても実現が難しいものだというのは、メイクを落とす洗顔をしている人ならだれでもわかることだと思います。 

 

まずはしっかりと肌の汚れを落とし、うるおいを保つ。そのために、とってもデリケートでセンシティブな洗顔をしっかりとマスターするように心がけたいですよね。

 

眉間の毛穴の黒ずみに良い洗顔料
毛穴の黒ずみに人気の洗顔料

 

トップへ戻る