【毛穴の黒ずみ】改善に効くおすすめ洗顔料をご紹介しています。

毛穴パックの危険性について 毛穴の黒ずみをなくすために!

毛穴パック 効果 毛穴パックの危険性について 毛穴の黒ずみをなくすために!

人物画像

 

危険なその毛穴パック

イラスト画像

毛穴の黒ずみがイチゴのようになってしまい、イチゴ鼻なんていう呼び名がつくくらい、とっても気になる鼻の毛穴。

 

一度気になり出すと外出も憂鬱になってしまうくらいで、会う人全員が自分の鼻を見ているのでは?のような疑心暗鬼になってしまいますよね。

 

毛穴パックは鼻の毛穴から汚れや角栓を根こそぎ取ることが出来ます。なのでけっこう頻繁に毛穴パックをやってたりしませんか?

 

でも、同時に健康な毛穴から、必要な皮脂も根こそぎ取ってしまい、さらに健康な皮膚の表面もバリバリとはがしてしまうため、取れるのは汚れだけではなく、大事な必要なものも取り過ぎてしまうという危険性もはらんでいます。

 

 

以前テレビなどでも、「おースゴイ取れた!」みたいなCMもやっていましたし、実際にやると取れる量もすごく、効果はあるのですが、敏感でデリケートな肌に対してはあまり理想的なやり方とは言えないようです。

 

 

顔の皮膚はデリケートでとても柔らかいので、けっして乱暴に扱わず、十分にやさしくやさしく扱ってあげなくてはいけません。

 

冷水で洗顔する、洗いすぎない、肌への刺激が強すぎるものの使用は避ける、
自分に合う化粧品を探し当てるのは大変ですが、トライアルセットが用意されているものを利用してみて、少しづつためしてみるのがいいと思います。

 

毛穴肌をピーリングするのはどう?

人物画像

イラスト画像

毛穴の開きを治す 化粧水 ランキングや、毛穴の開きを治す人気の化粧品の口コミを見ていることがありますが、やはり悩みの内容はとても深刻です。

 

毛穴を根本からなくしてしまうことは不可能なため、どうしても毛穴が目立たなくなる、くらいの処置になってしまうからですね。

 

毛穴の開きを治す頬のピーリングはピーリング自体が肌に合わない人もいて、真っ赤になってしまう場合もあるため、慎重に医師と相談してから実行するかどうかを決めたいですね。

 

また、毛穴の黒ずみや開きの悩みには、イオン導入がとても効いているという口コミが多いですね。 

 

ジェネシス+イオン導入と言うのがお試しで15000円くらいからあるようです。 

 

ジェネシスと言うのは、「表皮の肌質の改善や毛穴の引き締め、真皮への熱刺激によるコラーゲンの再生、微細血管を過熱することで小じわをなくす効果があるようです。 

 

施術中は、ぬるいお湯をかけられるような心地よい刺激に包まれて、眠ってしまう人もいると言う事。ピーリングは痛いというイメージがありましたが、これならやってみたい気もしますね。

肌のために水分補給を

人物画像

肌にふんわり女性らしい透明感を出すために出来ることを行っていきましょう。顔のパックなどを行いまずは汚れをとる事をおすすめします。
エステなどの顔パックは超強力です。市販されているものよりも吸収力が高いものがあります。ヨーグルトや牛乳なども肌の形成に約に立ちます

 

肌の透明感を十分に保って生きましょう。女性らしい肌を十分に解消する事が大切です。 透明感のある肌は十分な水分補給を毎日取ること最低でも1L以上の水を飲むようにしていきましょう。

保湿と整肌について

人物画像

仮に肌に脂分を直接つけても、肌には浸透していきません。 逆に、お風呂に入った時、熱いお湯につかったりせっけんで強く体をこすったりすれば、肌の脂分が取れてしまいますよね。肌にうるおいをいれようとしても入らない、逆に出て行くほうは本当に気をつけないとどんどん出て行ってしまう。 これは肌の角質細胞が重なって出来ている部分がありこれが肌のバリア機能になっているからです。

 

しかしお風呂も洗顔もしないわけにはいきませんよね。 なのでしっかりと丁寧に洗顔した後は、保湿ケアの積み重ねが大事になってきます。
洗顔後は、化粧水でお肌を整えましょう。アルコールが含まれた化粧水を頻繁に使用するとかえって肌の水分を蒸発させてしまい過乾燥になってしまう場合がありますので注意。化粧水で保水した後は、クリームなどの油分を含む化粧品を塗ってフタをする必要があります。脂分でのバリアを作るイメージですね。

 

しっかり保湿が出来て、バリアを形成する化粧品、クリームを選ぶことが大切です。

紫外線によるダメージ

人物画像

 

毛穴の黒ずみ、たるみに限らず肌のトラブルの主な原因に「紫外線による肌のダメージ」があります。

 

紫外線は肌の細胞を破壊して、コラーゲンの生成を阻んでしまいます。そうるすと肌が乾燥し、毛穴が目立ったり、毛穴がボコボコになったり、肌が悲しいことになってしまうのです。なのでほとんどの化粧品がビタミンCを配合しています。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、肌細胞を傷つける活性酸素を除去する働きをするからです。

 

しかし。。

 

ほとんどの化粧品の成分は肌の表面にのるだけで、肌の奥、真皮の角質部分に届いていません。 成分が真皮の奥に届かなければ、肌のコラーゲン生成を助けることが出来ず、いくらいい成分を持っていたとしても、意味がないのです。肌細胞のサイズは約6,000ナノメートルと言われています。 化粧品の成分がこれより大きければ肌の奥にに浸透することはないのです。

 

ビーグレンのCセラム美容液は、ビタミンCなどの栄養分を、肌細胞よりもはるかに小さい70〜150ナノメートルのカプセルに閉じ込め、真皮の角質層に確実に届けます。 これはもともとは麻酔薬を肌の奥に届けるための医療技術なので、この技術でビタミンCが肌の奥に届くにはそう言った理由があるのです。

毛穴ケアのポイント 自らうるおう肌を作るために

人物画像

今までの保湿ケアの考え方は、とにかく肌にうるおいを与え、それをどうキープするか、といった考え方が主流でした。
化粧水で肌にうるおいを与え、その後クリームでしっかりと肌に膜を作り表面を覆うことでうるおいを保つ。 
肌に外から水分を補給して、それをどうやって長いあいだ保つか、そういった考え方に基づいた保湿ケアのやり方だったのです。

 

ところが今は、肌が本来持つ「うるおいを作り出す力」を引き出すと言う考え方が主流になってきています。 もちろん、加齢とともに肌が作れるうるおいの量や形は変わってきますが、最新の技術でそれを可能な限り実現する、たとえば、角質細胞間脂質のセラミドをしっかりと機能させるために、ホメオシールドやアクアタイドといった特別な成分が注目されています。

 

これらの技術がたくさん詰まった最新の b.glen(ビーグレン) QuSomeモイスチャーゲルクリーム。セールのたびに大人買いする人が私の周りにもたくさんいます。
べたつかず、低刺激で敏感肌の方にも。 モイスチャーゲルクリームが入った毛穴ケアのトライアルセットが1800円で。

毛穴ケアと同時に 食生活から変化させていきましょう

人物画像

毛穴ケアのゴールとして、肌の透明感をしっかり出すことは基本です。食生活から変化させていきましょう。
特にローヤルゼリーやコラーゲンが覆う含まれている食材を食べていきましょう。鳥の手羽先などはコラーゲンたっぷりでかなりおすすめできます。

 

女性らしい若々しい肌を保つためにはサプリメントで栄養が不足しないように
頬のたるみに悩む30代から40代女性肌の透明感は十分い出ています。女性らしい肌を維持するためにケアをしましょう。
いつまでも若々しい肌を保つためにはサプリメントで栄養が不足しないように気をつける必要があります。 

 

肌にふんわり女性らしい透明感を出すために、今していることをステップを踏んで、食生活の改善からUV保湿ケアを行っていくこと、
丁寧なケアを継続的に行っていけば、かなりの確率で実年齢よりも若く見える肌を形成する事が出来るようになります。
綺麗になるためにまず出来ることは保湿から始めましょう。 保湿も肌の真皮に届く化粧水、化粧品を選んで使わないとせっかくの努力も水の泡、コラーゲンの生成を促すところまで栄養分と水分が届かない、なんて言うことにもなってしまいます。

 

眉間の毛穴の黒ずみに良い洗顔料
毛穴の黒ずみに人気の洗顔料

 

トップへ戻る