足の毛穴が黒ずんでしまう原因 色素沈着の仕組みと解決方法

足の毛穴が黒ずんでしまう原因 色素沈着の仕組みと解決方法

毛穴の黒ずみ 足 色素沈着してしまう仕組みと解決策

イラスト画像
<最終記事更新2018.8.28>
毛穴の黒ずみ 足 色素沈着してしまう仕組みと解決策

 

毛穴や皮膚の表面に色素がたまってしまうことを炎症性色素沈着といいます。
毛穴が茶色くぽつんぽつんとシミ状になってしまう状態のことですが、

 

むだ毛処理で剃った毛穴が衣服ですれたり、ファンデーションや日焼け止め、皮脂が毛穴に溜まってしまったり、そしてその後ちゃんとした処置がされずに放置されることで起きてしまいます。 

 

肌を刺激から守ろうとする、体の正常な反応で、健康な人であれば誰にでも起こることです。

 

肌のターンオーバー(代謝)がきちんと機能していれば、だんだんとくすんだ色はとれて、元の肌の色に戻りますが、そもそも新陳代謝が低下していたり、古い不衛生なカミソリで処理をしたり、乱暴な毛穴ケアをしたりしていると、毛穴が炎症し、色素がそこにとどまり、今度はそれがシミになってしまうのです。

 

足の毛穴が目立つ場合、脱毛を根本から考え治す必要があります。 

 

毎年温かくなっても足を出すファッションが出来ないだけではなく、

 

外出が憂鬱になったり、ふさぎがちになってしまったりしないためにも、脱毛を途中でやめたりせずしっかり最後まで通い、毛穴のケアもきちんとする事を心がけましょう。

 

途中で行かなくなってしまう人、とても多いです。脱毛。

 

二度と元に戻らない!足のぽつぽつとおさらばする!

イラスト画像

 

足の毛穴や肌荒れが気になって、パンツスタイルばかりを選んでしまう人も多いと思います。 

 

ところが、足の毛の処理をやめてタイツ生活を続けて足を隠していることがよけい足の毛穴を目立たせる原因になっていると言ったら驚くでしょうか?

 

足のボツボツは、カミソリで毛を剃ったあと、素肌が衣服に摺れることによって、毛穴が炎症をおこし、それが色素沈着や,かゆみの原因になるのです。

 

もともと毛は細菌の侵入を防ぐ役割があるので、ムリに剃ってしまうと毛穴に細菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまうのです。
足の毛を剃るカミソリは便利ですが、同時に肌を傷つけてしまいます。 

 

これはいわゆるカミソリ負けで、よく剃れるカミソリであってもカミソリの管理が悪い(細菌が繁殖しやすい)、数度にわたって使用している(金属はさびて劣化する)などの理由からおこります。

 

また、足に自信がないため、ついついパンツスタイルが多いと、さらにストッキングやパンツの科学繊維が肌を荒らすため、カミソリで荒れた皮膚の表面に化学繊維の二重のパンチが効いていることになります。

 

冬中足を隠していること、ケアを怠っていることが、さらに夏場に足を出せない理由に追い討ちをかけているのです。

 

足を見せてない季節こそ、足の毛穴ケアを忘れないことがとても大事です。
足の毛穴の悩みから解放されるには、一度しっかりと脱毛してしまう、脱毛に対する考え方を根本から見直す必要があります。

 

足の毛穴の悩みから解放されるために足のぽつぽつと永久におさらばする方法として脱毛をしっかりすることが大切です。

 

眉間の毛穴の黒ずみに良い洗顔料
毛穴の黒ずみに人気の洗顔料

 

トップへ戻る