紫外線と毛穴が目立つ関係とは?

紫外線と毛穴が目立つ関係とは?

毛穴と日焼け 肌の老化にあらがう方法

人物画像

<最終記事更新2018.10.21>

 

毛穴のきの原因として、肌の細胞が老化していることがあります。

 

これはまぎれもなく紫外線を浴びることによって皮膚の真皮まで破壊されてしまうことが原因です。 

 

紫外線は、肌のコラーゲンを老化させ、一重項酸素と呼ばれる活性酸素を発生させます。 活性酸素は肌に影響を与える可能性があります。
細胞を酸化させ、傷つかせると言われていますが、 細胞の酸化は、お肌のトラブルのみならず、ガンや様々な病気を起こす原因と言われています。

 

アスタキサンチンは、細胞膜を酸化から守ることが出来る数少ない成分。 
細胞レベルで酸化から守る成分としてコエンザイムQ10が有名で、いろいろな化粧品にも配合されていますが、 アスタキサンチンの抗酸化作用ははコエンザイムQ10の約1000倍と言われています。

 

活性酸素は肌だけでなく目や脳も衰えさせます。 脳の神経細胞は一度壊れたら再生することはなく 物忘れや思考力の低下もこれに起因します。
自分の体でつくられる分が減っていくのであれば、あとは外から摂取するしかありません。 疲労回復やダイエットにも有効とされる成分アスタキサンチン。

 

毛穴の開きの原因をやっつけてくれるだけでなく、健康成分としてこれからとても注目ですね。

 

 

眉間の毛穴の黒ずみに良い洗顔料
毛穴の黒ずみに人気の洗顔料

洗っても取れない メラニン毛穴が出来てしまったらこれ

人物画像

 

毛穴のシミ、メラニン毛穴は洗ってもなかなか取れない

 

毛穴の黒ずみかと思っていたら、実は毛穴のシミだったりすることがあります。

 

単なる黒ずみなら、洗顔で角質を除去出来ればキレイになりますが、
毛穴を傷つけてしまったり、日焼け後の十分なケアが出来ていなかったりすると、
毛穴自体がシミになってしまうことがあります。 これがメラニン毛穴の正体です。

 

メラニン毛穴が出来てしまったら

 

これはもう洗っても落ちないので、しっかりした洗顔プラスホワイトケアで対処することが出来ます。

 

メラニン色素を作るメラノサイトをおさえることが出来る成分はハイドロキノンです。
ビタミンCも同時に摂取することでさらに美白効果が期待できます。

 

クレイ洗顔でしっかりと汚れを落として、その後化粧水、美容液、クリームとケアしていきます。

 

ライン使いで化粧水からクリームまで美白となると、化粧品をそろえるのが大変ですが、

 

洗顔、美容液、化粧水、クリームが全5種そろって1800円のトライアルセットになっているビーグレン。もちろんハイドロキノンもビタミンCも入っています。 

 

ビーグレンのQソームホワイトクリームはコスメサイトの口コミでもかなりポジティブな意見が多く見られます。

 

一般的に2〜4%の濃さで有れば肌に負担をかけないと言われているハイドロキノン。ビーグレンは独自の浸透力で、1.9%の濃度で4%と同じ効果を実現しているので、肌への負担も安心ですね。

 

 

毛穴がシミになってしまったら、メラニン毛穴になってしまったら、やさしい洗顔プラス、ホワイトケアでメラニン毛穴をよくしていきましょう。

 

シミ・色素沈着

トップへ戻る