毛穴の黒ずみを洗顔で 角栓の意外な正体? 綿棒で毛穴をいじくりまわした人の末路

毛穴の黒ずみを洗顔で 角栓の意外な正体? 綿棒で毛穴をいじくりまわした人の末路

小鼻の黒ずみや角栓のケア 綿棒で毛穴を」いじると。。

イラスト画像

 

<最終記事更新2018.9.7>
毛穴の黒ずみの原因の一つである小鼻の角栓は、皮脂が毛穴に溜まったモノではなく、

 

肌のたんぱく質が固くなって毛穴につまったものであることは意外に知られていません。

 

なので、ホットタオルやジェルで角栓を溶かす、と言うアドバイスは、角栓の周りの脂は溶けますが、角栓自体は溶けないので、あまり効果がないということになってしまいます。

 

そこでとれないからと言って、思いっきりごしごしとやる人がいます。 それがさらに肌を傷つけ、悪循環となります。

 

毛穴と向き合うと、必ず「気合い」 が入ってしまう人がよく見受けられます。 気持はよくわかりますが気合で毛穴はキレイになりません。

 

角栓を詰まらせないようにするためには、毛穴を開かせないということが大前提です。 

 

毛穴を開かせない、そのためには洗顔をごしごしとやらない。肌を傷つけるようなことは絶対にしないということです。

 

じっくりとゆっくりと向き合うことが大切です。毛穴を、開かせない、詰まらせない、引き締める。

 

この三つの要素を、繊細な洗顔と、栄養を与えてくれる化粧品で補う事が出来れば、ゆっくりじっくりと肌はキレイになっていきます。

綿棒で毛穴をいじくりまわした人の末路

『綿棒を使った角栓お掃除』。 
イチゴ鼻をきれいにすると口コミでも評判ですよね。 

 

びっくりするくらい角栓が取れて肌がもちもちになるとか。
ツイッターでも15,000ツイートを超えていて、テレビのCMでもやっていたので、
そんなに取れるならちょっとやってみよう、という感じでやってみたんです。

 

 

とりあえずやってみよう。


私がやってみた毛穴の黒ずみを綿棒でキレイにするやり方

私がやってみた毛穴の黒ずみを綿棒でキレイにするやり方

 

やり方を調べてみたら、とりあえず家に今あるもので出来そうでした。

 

イラスト画像

 

でも、この時はこんな結末になるなんて、思いもしなかったんです!


 

使用する脂は、人間の体の脂分に一番近いオリーブオイルがいいということで、
家の台所にあるものを使ってやってみました。

 

わざわざこのためにいいオイルを買うのも気がひけたし、
『お金をなるべくかけない』というポリシーに意味があると思ったのです。

 

まずは洗顔をして顔をすっぴんにします。 その後化粧水で整肌したのち、
綿棒の先にオイルを染み込ませてまずは一番気になる鼻の周りから、こそぐように鼻をこすっていきます。

 

 

このやり方にみんなハマっていると思われる理由

イラスト画像


するとやっぱり取れます取れます。 
けっこうごっそり取れるので気持ちいいです。

 

耳垢とかもそうですが、取れると気持がいいので更にやってみたくなる中毒みたいな感じです。

 

けっこうむきになってやってしまいます。

 

鼻が赤くなったら皮膚がはがれてしまっている証拠なので、そこまではやってはいけません。
でも、取れるのが気持よくて、ついやり過ぎてしまうんですよね。。

綿棒で毛穴をキレイにするときに気をつけること

イラスト画像


5分ほどやってみて、綿棒はけっこう黒くなるのですが、
動きの効率がとても悪いなあと言うことに気がつき始めました。

 

というのも、綿棒自体が小さいので狭い範囲しかカバーできないのでとても疲れてくるのです。しかも、オイルを染み込ませる加減が難しい。 

 

けっこうコツがいる。。

毛穴の黒ずみを綿棒でとる このやり方はヤバいと思う理由

イラスト画像

 

オイルの量が多すぎると綿棒がはがれてボロボロになってしまうし、
オイルの量が少なすぎると今度は綿棒がなめらかに肌を滑らず、
肌の表面を擦ってしまうのです。

 

角栓が取れるのは取れるのですが、
狭い範囲をカバーするのにだいぶ時間がかかってしまうのと、

 

オイルが少なすぎた場合に肌をこすってしまい表面をバリバリやってしまう。

 

このバリバリが、皮膚の表面を傷つけてこわしてしまい、ボコボコ毛穴の原因となり、実はとっても危険なものなのです。

こっちのやり方のほうがいいんですけど。。

で、もしかして、まさか、オイルを使って、手で洗顔できないか、 と思ってやってみたら、 

 

出来ました。手でやったほうが取れる気がする。えーなんだあー。。

 

でもこれって乳液洗顔と同じやり方ですよね。 

 

滑りがなめらかじゃない綿棒で顔をゴシゴシやってしまうと、
毛穴パックやスクラブでゴリゴリやっているのと同じことになり、

 

皮膚の表面を破壊してしまい、ボコボコ毛穴を成長させてしまいます。

 

とにかく毛穴で悩む人は絶対に皮膚を傷つけてはいけません。

 

毛穴に悩む人の洗顔方法は、
オイル洗顔、乳液洗顔、クレイ洗顔等いろいろありますが、どんなやり方をするにせよ、

 

肌をやさしく扱うということが基本です。

 

私的には綿棒での角栓お掃除は毛穴パックに近い危険度な気がします。 
肌に刺激を与えると鼻がクレーターになってしまいますからね。

 

肌をこすらない。ムリに汚れを取らない。肌にはやさしくが基本ですよね。あとあとのためにも

毛穴の黒ずみを綿棒でキレイにするには本当にコツが要ります。上手にやらないと肌を傷つけてしまいかねません。

イラスト画像

 

毛穴の黒ずみを綿棒でいじると面白いほどごっそり取れるって。やってみようかな。。


毛穴の黒ずみを綿棒でいじると面白いほどごっそり取れるって。やってみようかな。。

 

たしかに黒ずみが取れるけど、ムラになりやすいのと、オイルが少なくなった綿棒は肌に傷をつけてしまうことがあるから、気を付けないとだよ。

 

そうかあ、じゃあなめらかに肌を洗うオイル洗顔とかクレイ洗顔のほうがいいのかな? そもそも毛穴から何が取れるの?

 

毛穴の黒ずみの正体は角栓だよ。

 

角栓っていったいなに??

 

角栓は毛穴パックとかで取れるツノみたいなやつで、たんぱく質のかたまり。これが黒ずんで毛穴につまってるんだよ。やっかいだよね。

 

うーん、とってもまた詰まるから、どうすればいいのかな?

 

肌を刺激しないように角栓を取り除いて、上手に保湿して肌の生まれ変わりを助けてあげるようにしないとね。

 

そうだね。クレイ洗顔と保湿美容液、クリームがトライアルセットであったのどこのメーカーだっけ?

 

ビーグレンはその三つが入って1,944円のセットだよね。

 

そうかあ、じゃあビーグレンのクレイ洗顔ためしてみよう!

 

眉間の毛穴の黒ずみに良い洗顔料
毛穴の黒ずみに人気の洗顔料