毛穴の黒ずみ 足 色素沈着してしまう仕組みと解決策

毛穴の黒ずみ 足 色素沈着してしまう仕組みと解決策



毛穴の黒ずみ 足 色素沈着してしまう仕組みと解決策

 

毛穴や皮膚の表面に色素がたまってしまうことを炎症性色素沈着といいます。
毛穴が茶色くぽつんぽつんとシミ状になってしまう状態のことですが、

 

むだ毛処理で剃った毛穴が衣服ですれたり、ファンデーションや日焼け止め、皮脂が毛穴に溜まってしまったり、そしてその後ちゃんとした処置がされずに放置されることで起きてしまいます。 

 

肌を刺激から守ろうとする、体の正常な反応で、健康な人であれば誰にでも起こることです。

 

肌のターンオーバー(代謝)がきちんと機能していれば、だんだんとくすんだ色はとれて、元の肌の色に戻りますが、そもそも新陳代謝が低下していたり、古い不衛生なカミソリで処理をしたり、乱暴な毛穴ケアをしたりしていると、毛穴が炎症し、色素がそこにとどまり、今度はそれがシミになってしまうのです。

 

足の毛穴が目立つ場合、脱毛を根本から考え治す必要があります。 

 

毎年温かくなっても足を出すファッションが出来ないだけではなく、

 

外出が憂鬱になったり、ふさぎがちになってしまったりしないためにも、脱毛を途中でやめたりせずしっかり最後まで通い、毛穴のケアもきちんとする事を心がけましょう。

 

途中で行かなくなってしまう人、とても多いです。脱毛。

 

初月から二カ月分が無料を全国で全身脱毛サロン ラットタット