毛穴の悩み 肌トラブル 眉間のシワついての考察

毛穴の悩み 肌トラブル 眉間のシワついての考察

毛穴の悩みも、毛穴の黒ずみ、クレーター毛穴、たるみ毛穴、さまざまあるように、顔全体の悩みやトラブルと言うのも人それぞれ様々あります。
肌の悩みで多いのが顔のたるみ、特に目元、頬などの皮膚のたるみというのがたるみ毛穴と深く関連があります。

 

でも、顔の皮膚のたるみは、決して毛穴の問題や、見た目が老けた印象になるだけの問題ではないのです。

 

顔のたるみは、顔の筋肉の疲れを引き起こし、更にそれが首、肩、背中など、それぞれの筋肉に影響し合って、肩コリや腰痛、ひいてはうつや不眠にまで影響が及ぶと言うことはあまり知られていません。

 

顔のしわがどれくらい顔の筋肉に影響を与えているかと言うと、ためしにまぶたと眉毛を挙げて、びっくりしたような表情をしてみてください。どれだけ頭部の筋肉が活動して、伸縮しているか、また耳の横から後頭部にかけての筋肉や筋がかなり引っ張られているのがわかると思います。 

 

おでこ、額のシワ、顔のたるみがいかに顔全体、頭全体、さらに上半身の筋肉や筋に影響を及ぼしているかというのがわかると思います。 

 

では、日常生活で額を下げてしまう、目線を落としてまぶたを下げている瞬間というのは、どんな状況なのか、と考えてみると、やはり携帯電話をいじっているとき、スマホを覗き込んでいるときの姿勢が、一番まぶたを下げる、額と目線を下げているト言うことが薄々見えてきます。
一日どれくらいスマホを眺めていますか? これが顔のたるみを作る原因になっているとしたら??

 

目の周りには、眼輪筋という筋肉があり、これが目の周りの表情を作るときに大きく作用している筋肉なのですが、まぶた、額を下げて目線を落としてばかりいると、この眼輪筋がだんだん弱くなり、いざ目を開くときに普通より多くの力を必要とするようになってしまうのです。 するとおでこ周辺の筋肉もさらに大きくつかうことになり、それが原因で額にシワが多くなって定着してしまう、そんな理屈があるようです。

 

なので、スマホをいじるときは必ず目線をいつもより上げた姿勢でやってみる。 顔の表情を作り意識して明るい顔をしながらいじる、ひいては、普段の生活に生き生きした表情を意識してみる。こういった小さな心がけが額のシワ予防に大きく役立つのかもしれませんね。