毛穴をなくす方法 食事で摂るビタミン 何を食べればいいか

毛穴をなくす方法 食事で摂るビタミン 何を食べればいいか

このサイトは、管理人が自分の毛穴に悩んだ経験を生かし、『架空の主婦のあや』に物語を託し、主婦目線で毛穴の悩みに取り組む様子をお届けするものです。

 

<最終記事更新2017.1.23>

 

こんにちは、あやです。

 

毛穴をなくすために食事でビタミンを摂るために何を食べればいいか。

 

化粧品や保湿でがんばるだけでなく、食べるものや睡眠、運動などに気をつけることで<毛穴も目立たなくなるんですね。

 

では毛穴を目立たなくするために摂らなければいけない栄養やビタミンを食事で摂るには、どうしたらよいのでしょうか?

日々の食事でバランスよく栄養を取り、体の中から皮脂の量も減らしていく

毛穴が目立ってしまうのは、

1に代謝の衰え、2に脂の出過ぎ。主な原因はこの二つ。

 

代謝を高めて脂の出過ぎを防ぐには、
消化の良いものを少量だけ食べる習慣を身につけること、こと

 

そして脂分だけでなく糖質の摂取を抑える食生活をすることで、顔の脂分を減らし、代謝を整えて行くことができます。

 

 

皮脂をおさえる栄養分を取れる食べ物

ビタミンB2豚、牛、鶏のレバー、海苔、とうがらし、など
食物をエネルギーに変換する役割があります。また口内炎やニキビの予防、髪の毛を増やす働きもあると言われています。

 

ビタミンB6 にんにく、ビンチョウマグロ、酒粕、マグロ赤身、カツオ、鶏挽肉、イワシなど。
体内のたんぱく質を代謝させるために必要なのですが、体で蓄えておくことが出来ないため、都度摂取しないといけません。

 

ビタミンCパプリカ、パセリ、芽キャベツ、ゴーヤ、ゆず、レモン、柿、キーウィフルーツなど。
抗酸化作用があり、メラニンの生成も防ぎ、さらに体内でコラーゲンの生成に必要不可欠なものです。

食事と運動、メンタルケアと

聞いているだけで肌によさそうな成分ですが、栄養価の高い食べ物をしっかり取っていくことで、肌のトラブルを避けるだけでなく、健康に過ごすことができます。

 

さらにこれらの栄養素はストレスケアや免疫力の強化にも役立つことから非常に大切で、ストレスが原因で肌あれを起こす人はなおさら気を付けないといけないところです。

 

なので健康な肌に必要なのは、

 

・栄養価が高くカロリーの高すぎない食事を規則正しく摂る
・適度に運動をし、ストレスと溜めすぎない
・体の外からも化粧水やクリームでうるおいと栄養を与えて行く

 

この三つをバランスよく実現していくことが大切です。 

 

肌にうるおいと栄養 保湿クリーム、化粧水、美容液の3点トライアルセット1000円から