毛穴 黒ずみ ケア 正しい毛穴のケアとやってはいけないこと

毛穴の黒ずみの原因とその対処法 


<最終記事更新2018 ・4・15>

毛穴の悩みは、皮脂に含まれている、『アノ物質』 を落とすことで改善します。

 

ここでは、毛穴の黒ずみが目立ってしまう理由を解説し、その後のケアをどうしたらいいかについて解説していますよ。

 

 

 

なるほど!毛穴の黒ずみもこれならイケる!原因が分かれば対処するだけ

 

 

そもそもなぜ、毛穴は黒ずんだり、ボコボコになったり、開きが目立ってしまうのかしら?


 

実は、毛穴が目立つ人も目立たない人も、毛穴の大きさにあまり違いがないことが分かっています。

 

毛穴の周りの皮膚が盛り上がっているので、、ボコボコや、メラニン毛穴が目立つように見えるのです。


 

毛穴のまわりが盛り上がることで毛穴が段差がついているように見え、それが黒ずみを助長して見えてしまう。


※出展 http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20120307/index.html NHK ガッテン!より (検索日:2018/1/7)

 

 

どうして毛穴の周りの皮膚が盛り上がってしまうの? 


 

毛穴が目立つ人の皮脂には、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が多いことが分かっています。

 

不飽和脂肪酸が毛穴の周りの皮膚細胞を刺激して
細胞が異常繁殖を起こして数が増えてしまい正常なキメを作ることができず、まわりの皮膚がボコっと盛り上がってしまうのです。


 

 

どうして不飽和脂肪酸がでてしまうの?


 

普段皮膚を守っている常在菌が、皮脂を食べて分解するときにオレイン酸などの不飽和脂肪酸が出るのです。


 

 

毛穴が目立ってしまうしくみはわかったよ。 じゃあいったいどうしたらいいの?


 

皮脂を落としてうるおいを残すやさしい洗顔と、しっかりとした保湿をすることが重要です。


 

ということで毛穴を目立たなくするために必要なのは、

 

1.不飽和脂肪酸をしっかり落とし、
2.たっぷりと十分な保湿をし、
3.肌のターンオーバーを促すこと。

 

 

この3つをしっかり出来る洗顔と保湿のトライアルセットをご紹介しています。

 

私はいちご鼻もあったのでビーグレンが合いました。消費税込で1,944円でした。7日間でたしかに変化を実感出来て、いまでも継続しています。

 

 

私は敏感肌だったのでポーラのディセンシアが合いました。
こちらは14日間分もあって1,470円とお試ししやすいのでぜひ試してみてくださいね。 使用した92%の人が満足と回答しています。 こんなに早く変化が出るならもっと早くやっておけばよかった。。!

 

 

 

ビーグレン(b.glen)毛穴用トライアルセットの特徴

こんな方に↓

・毛穴が黒ずんでいちご鼻
・眉間の毛穴が目立つ
・クレーターみたいに毛穴がボコボコ
・部分的にオイリー他は乾燥肌の方
・頬の毛穴がファンデで隠しきれない方
・結果を急いでいる。

価格 1,944円
評価 評価5
備考 使い始めて一週間経つ頃に中1の長男が、「お母さん、今使ってる化粧品続けてみたら」と、ビックリ発言。それくらいわかりやすい変化
ビーグレン(b.glen)毛穴用トライアルセットの総評

・医学会が認定した浸透テクノロジー
・毛穴に悩む人のリピート率98.5%
・雑誌やインスタで話題 芸能人も多く愛用
・365日返金保証
・たっぷり7日分
・送料無料
・代引き手数料無料
・医学会が認定した浸透テクノロジー
・毛穴に悩む人のリピート率98.5%
・雑誌やインスタで話題 芸能人も多く愛用
・365日返金保証
・たっぷり7日分
・送料無料
・代引き手数料無料

ディセンシア トライアルセットの特徴

こんな方に↓

・敏感肌の方。
・乾燥肌の方。
・頬の毛穴がたるんでいる方。
・ストレスですぐ肌荒れをする方。
・何をやってもうるおわない方。

価格 1,470円
評価 評価5
備考 アヤナスでたるみ毛穴とサヨナラ
ディセンシア トライアルセットの総評

ポーラオルビスグループから生まれた敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランドアヤナス ディセンシア
アトピー、敏感肌を持つ人に大きく支持をされています。
じっくり試せる14日間トライアルセット1,480円。2週間で違いを実感。
使用した92%の人が満足と回答。

 

 

このサイトをご覧の方は、毛穴だけでなく、美容全般あらゆるところに気を使われていると思います。

 

7日間、または14日間で肌の変化を感じれるのであれば、試してみる価値はあると思います。

 

わたしも、思い切って試してみてよかったです。 今のケアを変えなければ、3カ月後、半年後1年後も、ずっと今と同じ毛穴のままだったと思います。


 

クレーターみたいに毛穴がボコボコな方に。>>ビーグレンはこちら 


敏感肌、乾燥肌の方に。>>ディセンシアはこちら

そもそも毛穴の役割ってなに?なんでこんなに困らせる?

 

毛穴は小鼻で目立ってしまったり、黒ずんだり汚れが詰まったり、やだな、こんなのなければいいのに、と思ってしまいがち。

 

毛があるところには重要かもだけど、毛のないところには毛穴ないほうがいいんんじゃ?とおもってしまいますよね。

 

 

でも、毛穴にはとっても大事な機能があるんです。

 

 

体温調節機能
毛穴には汗をかいたり、寒い場所では毛穴を引き締めて体温を下げないようにしたり、大切な体温調節の機能があるのです。

 

これは単に毛穴をコントロールするだけでなく、血管を引き締めて血流を調整、血液を冷やさないようにする、毛穴を収縮して毛を立たせ、暖かさを確保するなど、人体の神秘ともいえる働きがあるのです。

 

人体は、これを副交感神経下で行うわけですね。つまり、無意識にこれらの大切な機能を働かせるわけですね。

 

 

お肌のバリア機能
毛穴には上記のような体温調節と一緒に、毛穴から分泌される皮脂が肌の表面を守っているという役割があります。

 

これは自分で作っている肌クリームとも呼ばれるほど肌にはなじんでいて(自分のなので当然)、この皮脂が正常な状態であれば様々な危険な外的要因から肌を守る機能があるのです。

 

また、油があるということは肌をしっかりと乾燥からプロテクトしているわけなのですね。

 

何よりも大切な肌の水分を乾燥から守るために毛穴、そして毛穴から出る皮脂は必要なのです。

 

 

毛穴のデトックス機能
また毛穴には、体に諮らずして入ってしまった有害な物質、水に溶けにくい油とくっつきやすい物質を皮脂と一緒に体の外に出してくれる役割があります。

 

尿や便で排出されにくいものは、汗から一緒に出すという体の作用がありますが、まさにこれを毛穴からやってくれているわけです。

 

本当に人間の体というのは、よくできていて不思議なものだと思います。

 

その他こんな機能も 汗の分泌によるフェロモン機能
汗は、基本的には空気に触れて酸化することでにおいの元となりますが、汗のにおいはフェロモンとして異性を引き付けるという作用がありますね。

 

人間の体にはアポクリン汗腺という汗の分泌場所があり、そこから出る汗がフェロモンのもとになっているといわれています。 

 

そしてこのアポクリン汗腺は、生まれた後すぐになくなってしまい、思春期の12歳から18歳のころに再度発達してくるということから、異性を寄せ付けるフェロモンに大きく関係しているのではないかと言われているのです。

毛穴の黒ずみの原因 ほかにも毛穴の黒ずみの原因がこんなに

 

毛穴の黒ずみの原因は上記以外にもたくさんあります。その中でも決定的に多くみられるのが

 

1.メラニンによる毛穴の目立ち
2.角栓による毛穴の目立ち
3.乾燥による肌のハリの喪失

 

です。一つひとつ見ていきましょう。

 

1.メラニン毛穴という言葉を聞いたことがあると思います。 これは毛穴の中が日焼けや、何らかのほかの刺激により色素沈着を起こしてしまい、それがくぼんでいることでさらに黒ずんで見えてしまう現象をいいます。
これは肌のシミなどの色素沈着と同じで美白ケアが必要になってきます。また、日焼けを防いだり、毛穴パックやクレンジングなどの皮膚を過剰に刺激することを極力避けないといけません。

 

 

2.二つ目は角栓が原因で毛穴が目立つ状態です。

 

角栓とはいったいなんなのか?体の脂だと思いがちですが、実はこれは角質が細かく毛穴に詰まったものなんですね。角質とは、足の裏が固くなるやつありますよね。

 

かかとや外反母趾の表面など、固くカチカチになった皮膚の状態を角質と言い、やすりみたいなものでこすってとる作業がありますが、鼻の毛穴に詰まってしまうものも基本的にはあの角質と同じものなんです。

 

なぜ角栓ができてしまうか? というと理由はただ一つ、肌が過剰な刺激を受けているからなんです。足の裏も、過剰に負荷がかかると固くなってしまうように、角栓も鼻の毛穴や肌が荒れてこすれてしまっている状態で出来上がるわけですね。

 

 

3.毛穴の黒ずみ、開きのもう3つ目の原因は「肌の乾燥」です。肌は乾燥すると縮んだり伸びたりしてしまうのです。

 

肌が縮むことによって毛穴が左右から引っ張られたり、たるんだりして毛穴自体も伸びたり、また伸びたものが変に縮んんで毛穴がおかしな形になったりするのです。また肌が乾燥すると、肌表面にある角質が剥がれてきます。

 

顔全体に粉を吹いているように見える状態がありますが、あれも実は角質が顔から噴き出している状態と言えます。それの規模が大きくなったものを角栓というわけですね。

毛穴の黒ずみのタイプ別ケア方法

 

黒角栓タイプ
洗顔のあとは、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使い皮脂分泌を抑え角栓ができないようにしましょう。ビタミンC誘導体は抗酸化作用もあるため、できてしまった白角栓の酸化を防ぐ効果もあります。

 

 

メラニンタイプ
美白化粧品を正しく使いメラニンの排出、生成阻止を行なうことが効果的になります。ゴシゴシ洗うなど過度な刺激で肌に負担がかかってしまうと、メラニン色素は増えてしまいます。

 

クレンジング、洗顔、スキンケア、いずれの際も力はいれず優しく行うように心がけましょう

 

 

ひらきタイプ
毛穴の開きタイプには、肌の引き締めを行いましょう。収斂化粧水を使い肌の内側に潤いを閉じ込めるケアが大切です。一般的に保湿ケアをした後が効果的とされています。

 

保湿して、収斂化粧水で毛穴を引き締めると、ふたをした状態になり潤いを閉じ込めるということですね。

 

 

クレータータイプ
基本的には洗顔が中心となりますが、よりデリケートに扱う必要があります。肌の組織が壊れてしまっていて、ターンオーバーもちゃんと行われない肌になっている状態なので、皮膚科を受診したり、ケアというより治療の領域となり医師の診断を必要とする場合があります。

毛穴の黒ずみ ケア やってはいけないケアの代表例3つ

 

毛穴のケアは本当にいろいろな人がいろいろなことを言っていますが、だいたい共通してやってはいけない、これはダメ、というケアが存在します。

 

当然これは避けたほうがいいですねというもの、いくつか代表的なものをご紹介します。

 

毛穴ケア ピーリング
角質をとってボロボロと皮がむけるピーリングは、やっていると気持ちいいので何度もやってしまいそうになりますが、実はこれは毛穴には非常に刺激が強く回数を制限しないといけません。

 

これは肌が明らかいダメージを受けてボロボロになってしまった場合はいいですが、平常な肌にやってしまうと、傷をつけるだけとなってしまうので、出来れば避けたほうがいいですね。

 

毛穴パック
かつてテレビのCMで、ほらっみたいに毛穴がパックにくっついた状態を見せて、ツノみたいになっているCMがありましたね。

 

あれはとれたとれた、みたいになって、非常にこれも気持ちいいのですが、肌から無理やりバリバリと角栓をとってしまうので、肌には刺激が強すぎるというデメリットだけしかありません。

 

あれでとったとしても、すぐにまた角栓はたまってしまうのです。とるだけ、肌を傷つけるだけの行為です。絶対やめましょう。

 

 

小鼻や肌を手、指で絞っているアレ。
これもしばらく前に、鼻の頭を両手で思いっきりギューッとやって、鼻の毛穴の中身を無理やり絞り出すようなことが流行っていた時がありますが、これも大変危険です。毛穴の組織が完全に壊れてしまいます。

 

しかも、なんというか、とても痛いのでどうしてこんなことをやっていた時期があるのか、よくわからにですが、傷がついた肌の組織は二度ともとには戻らない可能性があるので、これもやってはいけないケアと言えます。

 

どれも共通して言えるのは、肌に強い刺激を与えてはいけない、ということにつきます。本当にやさしく優しくケアすることが大切なんですね。